2011年04月12日

迷子の女王様?

スズメバチ.jpg

満開に咲いたマンゴーハウスで仕事をしていると、枝の茂みの中からブーン、バチバチッと不吉な音が・・・

一昨日、ハウスの天井にスズメバチが一匹へばり付いていたのを思い出し、すかさず後ずさり。

音が止んだところでそーっと探してみると、やっぱりいました。 それもデカイのが!!

ネットで囲まれたハウスにどこからか紛れ込んでしまったようで、このようなオカタにこのまま居座られたのでは、オチオチ仕事もしていられないので、携帯で妻に家にある殺虫剤を持ってきてもらうことに。 ずっと監視していないと逃げられたらたまりませんから。

しかしながら、普段はハエにも蚊にも化学兵器などは使わず、専らハエタタキで応戦している我が家にあったのはアリ〇ンチョール。

それでもハチは農薬に弱いと知っていたので、運良く茂みから出てきたところに、シューーーーーーっと長い一吹き。 見事命中で、すぐに落ちました。

それにしてもデカイなーと、地面に落ちてもがいているハチを眺めていると、そのうち、手足(?)を激しくバタつかせて、すぐにおとなしくなりました。 が、しかし、なんとお尻だけは微妙に前後に動き、その先から針を出し入れしているではありませんか!

羽も足も完全に動かなくなった後に、針だけをたぶん20回くらい出し入れしてから完全に果てました。

突然化学兵器の攻撃を受けて意識を失っても、見えない敵に向かって最後まで戦い続けたその本能に敬服です。

体長が4センチほどのそのお方、やはりオオスズメバチの女王様だと思うのですが、どなたか詳しい方がいらしたら教えてください。

posted by へげじい at 21:35| Comment(0) | 島の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。